ボトックスで悩みを解消【リフトアップしながら小顔も目指せる】

輪郭形成の第一歩

女性

まずカウンセリング予約

「顔が大きく見えて損をしている」「頬骨の出っ張りが気になる」といったフェイスラインの悩みに関して、美容外科クリニックではさまざまな施術方法を提供しています。頬骨や顎の骨を削れば骨格そのものを変えられますし、脂肪吸引や脂肪溶解注射は脂肪で膨らんだ頬や顎を引き締めることが可能です。筋肉が発達してエラが張っている場合には、ボトックス注射が効果的です。このように小顔整形といっても、顔の状態によって向いている施術方法は異なります。どこに問題があるのか自分自身では気づいていない場合もあるので、まずはプロのカウンセリングを受けるようお勧めします。多くの美容外科クリニックでは、メールやフリーダイヤルで24時間相談を受け付けています。相談だけなら無料なので、とりあえず連絡してカウンセリングの予約を取りましょう。複数のクリニックでカウンセリングを受けることも、気に入らなければ施術を受けないこともできます。施術内容に納得できたら、正式な小顔整形の申込となります。ボトックスのようなプチ整形なら、カウンセリング当日に施術を受けられるクリニックもあります。骨削りなどの大きな手術は入院が必要になる場合もあるため、たいてい事前に予約しておきます。エラを小さくするには骨を削るしかないと考えている方がいるかもしれません。しかし頬や顎の筋肉を縮小させれば、意外なほど小顔に見えるケースが数多くあります。ボトックス注射はメスを入れる必要がなく、ダウンタイムもほとんどない安全な施術なので、一度検討してみることをお勧めします。熟練したドクターなら角度による顔の見え方にも配慮して、適切な位置に適切な分量を注入することができます。ボトックスによる小顔術は効果が永続するわけではなく、約6か月ほどで徐々に薄れてきます。ただし繰り返して施術を受ければ、筋肉が痩せてくるので効果が長持ちします。歯を食いしばる癖がなくなり、エラが気にならなくなったという方もいるので、様子を見ながら施術を継続するとよいでしょう。ボトックス注射には重篤な副作用はほとんどありません。施術は日帰りで、数十分で終わるのが一般的です。ただし施術当日に激しい運動をしたり、入浴したりすることは避けてください。血行が活発になりすぎると薬剤が拡散してしまい、予定どおりの効果を上げられないことがあります。同じ理由で、注射した部分を必要以上に擦ったり刺激したりしないように気をつけましょう。普通のメイクは施術直後でも可能です。

Copyright© 2018 ボトックスで悩みを解消【リフトアップしながら小顔も目指せる】 All Rights Reserved.